引越し価格の構成として作業スタッフと作業にかかる時間、そして最後に季節があります。

まず引越しにはオンシーズンとオフシーズンがあり、オンシーズンだと3月4月、8月、9月がオンシーズンとなり、その中でも最も多忙を極めるのが3月、4月になりそれ以外のシーズンはオフである場合が多く、引越し料金も低くリーズナブルに行う事ができます。

また引越し料金の要でもある作業スタッフはできるだけ少ない方が価格も安くできますし、逆に多いと作業は早く終わりますが余計な人件費が発生し逆にコストが高くなります。また作業時間も長いよりも短い方が価格は低く抑えられます。引越し業者というのは一日当たりの作業件数にノルマがあり、一件の作業時間が長くなるとそれ以降に訪問するお客さんの作業が遅れますので、余分に費用を支払わないといけません。つまり残業代が発生します。この残業代を多く稼いで次のお客さんの所へ伺えばその時点で、多少の遅延は発生していますが、予定外の収入がありますので、もうノルマノルマと意識せず働くことが出来る為、料金も多少は大目に見てもらえます。

要するに引越しを決行する時間帯は遅ければ遅い程、安くなり逆に引越しを決行する時間が早ければ早い程、料金は高くなるのです。

引越とはこれらが複合的に合わさって料金形態が決まります。もし引越費用を安く上げたいとおもうのであれば、引越を決行する季節はオフシーズン。そして時間は遅めに。作業人員も極力少なくすればっこし料金は劇的に料金は下がるはずです。