これまで地方に住んでいて、ある日突然都市部に転勤になったとしたら?確実に不要になるものとして車があります。車というのはインフラ整備が整っていない地方都市において、生活になくてはならない足であり、どれだけガソリン価格が高騰しても乗らない事できません。しかし都会に行くとその状況は全く逆転します。都市というのは高度にインフラが整備され人口が集中している為、土地が少なく駐車場用地が確保できません。それ故、車を持って都市へ引越をすると、高額な駐車場料金を負担しなくてはならず、またインフラが整備されている為、そもそも車移動の必要性はなく、駐車場代や保険料といった維持費が非常に生活レベルの足を引っ張ります。そうであるならば引越前に車は処分していくべきですし、都市で車を所有することはあまり非実用的ではありません。そこで、地方の人がもしこれから車を処分していこうと考えるのであれば、最も効果的な方法として、これまで乗っていた車を中古車ショップ等で処分するなどして、現金化したしたほうが合理的です。車に対する愛着があったとしても、もって都市部へ乗り込めば場合によっては足手まといになる可能性があるのです。もし車を現金化したいと思うのであれば、一度中古車買取といった手段を使い、買取業者に引越前に査定に出してみるのも一つの方法です。また最近ではネットの買取サイトからでも査定が出来るようになっていますので、そちらを活用しても早いかもしれません。