引越業者の選択は基本的に引越す荷物の量によって決まると言っても過言ではないでしょう。引越業者というのは小規模な個人経営の運送業者から、大規模な引越専業業者に至るまで様々あり、その業者によって引越のスタイルは変化します。平均的な4人家族の家庭の場合、引越にかかる段ボールや荷物の量は、法人のオフィス転居に比べ確実に少なく、単身の引越と比べると多くなります。つまり荷物の量や性質によって業者というのは変化するのです。オフィスの引越にはそれ専門の会社もありますし、単身引越には単身引越専門の会社もあります。また蛇足ですが夜逃げ専門の業者というのもあるのです。このように引越を決行する前にやらなくてはならないことは、適切な業者を選択し仕事を依頼するということ。その為には荷物の量の査定が必要でしょう。予め今の引越荷物量をチェックしておくのです。引越業者というのはどれだけたくさんの荷物があったとしても、仕事を依頼されれば大方請け負います。そしてその膨大な荷物を捌くために、大量の人員を確保し、そして膨大なトラックを用意することでしょう。しかしちょっと工夫して荷物をコンパクトに収納するとか、粗大ごみとして予め処分しておけば、もしかしたらそんなに引越業者の要因も必要ない場合があり、そうすれば引越コストも節約できます。このように最小限のコストで引越する場合、どういった概算を出すのかについては、事前にしっかりとした査定が必要で、それを行っておかないと余計なコストがかかってしまう場合があるのです。