引越前にやらなくてはならない事として、事前に必要なものと不要なものを分別する必要があります。これまで生活していた中で、溜まりに溜まった日用品や生活用品、雑誌といったもの、これらすべてを引越先へ持っていくと大変な荷物量になります。しかしこれはその家の居住者の性格にもよるのですが、中にはモノを捨てられない人も多くいます。モノを処分できない人の特徴として、家の中にいろいろなものが日常的に溢れており、整理整頓ができないという傾向にあります。逆にものを簡単に処分できる人の特徴は日常的に必要なもの、不要なものを分別する訓練ができている為、部屋の中は概ねさっぱりとしている人が多いようです。ものを簡単に処分できる人の引越は非常に楽です。なぜなら、彼らは日常的に直感でモノを処分していますので彼らの家の多くが最初から荷物がほとんどありません。最初から家具や運搬する荷物量が決まっているから。準備は数日で終える事が出来ますし、引越作業にもさほど時間はかからないのかと思います。しかしモノを処分できない人は、雑然とした部屋の中で分別しようにもなぜか処分ができません。ここでこの整理をするポイントとして、必要なものと不要なものの基準を明確にすることです。例えば読まなくなった雑誌、パソコンにデータとして入れた聞かなくなったCDなどは処分の対象にするなど、こういった明確な基準を設ければ、処分もしやすくなりますし、逆にその基準がなく、あらゆるものに思い入れを入れていると処分できません。