さて、引越が決まればいよいよ今までお世話になっていた家ともさよならをしなくてはなりません。正式には賃貸借契約の解除と呼んだりしますが、この賃貸借契約の解除を行う場合は、直接大家さんへ申し出るタイプと、直接管理会社へ申し出るタイプの2つがあります。最近では物件の所有者と管理者を別々にしているとことが多く、マンション、鉄筋構造のアパートタイプなどであれば引越の際、物件の管理会社へ退去の申し出をするのが一般的となってきました。この賃貸借契約の解除を行う際は、退去を申し出てから一か月以内に退去しなくてはならず、その間に引越を完結させ、すっからかんの家の状態で部屋を引き渡す必要があります。その際、部屋の修繕が必要である部分については、しっかりと修繕をしなくてはなりませんし、その費用は敷金、礼金の部分からねん出されます。しかし東日本とは対照的に、西日本ではこの敷金礼金の習慣がなく、一般的に保証金という方法で入居時に大家さんへ納めます。最近でこそ敷金礼金を導入するところは増えてきましたが、西日本ではやはり今でも保証金が一般的なようです。東日本では聞きなれないこの保証金について簡単に説明しますと、保証金とは敷金と礼金が合体したもので、退去時には基本的に返還はありません。通常敷金が退去時に返って来るのが敷金の性質ですが、保証金の場合は返還の義務はないため、修繕費もその保証金の中からねん出されるのです。従って保証金は返って来るものと
思わず、返ってこないものだと思っていないと退去時に思わぬトラブルになりますので、注意が必要です。