単身赴任 準備

洗濯と衣服の管理方法

事務系・営業系の会社員の場合、カッターシャツ(Yシャツ)は必需品になっているはずです。

 

その洗濯は、やはりクリーニング店に頼むしかないでしょうか。自分で洗濯して、プレスして着用するというのは、かなりマメな人でしょう。

 

クリーニング店に寄るのが難しい人は、休日にまとめて出して、当日か翌日中に受け取るか、翌週の受け取りもやむを得ないかもしれませんね。その場合は、夏場用に1週間分のシャツを保有することが必要になるでしょう。

 

スーツ(スラックス)のプレスは、どうしたらいいでしょうか。スーツをたくさん保有している人は、交互に着ることで、アイロンがけを極力しないですませる人もあります。

 

そうしておいて、季節の変わり目にクリーニングに出すのだそうです。これは、ある企業の部長さんの話です。別の単身者は、ズボンプレッサーで対応しているそうです。

 

カッターシャツ以外の洗濯物(スーツを除く)は、どうするのが効率的でしょうか?
汚れものは、すべて洗濯機の槽の中に放り込んでおくのがコツです。下着も靴下も毎日取り換えるでしょうし、ときどき洗いたいバスタオルやフェイスタオルなどもあるでしょう。その頻度によって、また、洗濯槽の大きさによっては、すぐに溜まってしまうこともあるでしょう。

 

その場合は、休日まで待たないで洗濯機を動かしてしまいましょう。風呂上りにスイッチを入れるのがコツです。こうすると、短時間に済みますし、楽に処理できます。

 

スーツやコートなどの大型衣類以外の整理は、プラスティックの透明な整理箪笥がおススメです。次の転勤のときに、段ボール箱代わりに、そのまま運べるからです。

 

軽くて中身が見えて、これは一番の便利グッズのひとつでしょう。サイズもいろいろありますから、押し入れの中にうまく収まるサイズを、赴任先のスーパーなどで求めるのが良いでしょう。